ALEXANDRITE

by Chouchou

supported by
kuro
kuro thumbnail
kuro 陽光の元で緑、夜光の元で赤へと移ろう宝石ALEXANDRITE。ジャケットから表裏の表と伺えます。リマスタを含め長期にわたる作品を収めただけに、多彩な光を放つアルバムに仕上がりました。InnocenceやanemoneのようなオーガニックなポップソングはChouchouの作品の中で稀少ですが、すっと肌に馴染み私たちの日常に寄り添ってくれるところが好きです。Innocenceは強い痛みも伴うけれど、julietさんの哀哭とarabesqueさんの巧みな打ち込みがなした、爽涼なる名曲だと思います。 Favorite track: Innocence.
moryg
moryg thumbnail
moryg Literally the best. Chouchou's music makes my days better. Thank you Chouchou! Favorite track: Cloud 9 [ALX Remastered].
xMeimi
xMeimi thumbnail
xMeimi I love the extra vocals on Absolute Zero. Will it return? It is hypnotic. Eden is very beautiful like a lullaby. Favorite track: eden.
Patricio De La Fuente Duran
Patricio De La Fuente Duran thumbnail
Patricio De La Fuente Duran being Incredibly dissociative in nature, each track on this album almost makes me feel as if I've broken from reality in some way. great album to listen to to relax. Favorite track: Cloud 9 [ALX Remastered].
to_kiryu
to_kiryu thumbnail
to_kiryu ギターソロに惚れました。 Favorite track: Innocence.
medwards_the_metalhead
medwards_the_metalhead thumbnail
medwards_the_metalhead Beautiful and artistic pop. Each song is a unique and emotional experience. Great album! Favorite track: CATASTROPHE.
more...
/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      $15 USD  or more

     

1.
fjord 04:10
鳴いて ヒクイナ 哀しみを消して 子供の頃 虹に会い ひとみを失くしたの 黒き羽蟲は 約束も喰らい 夢の終わりへと ただ 連れていった 鳴いて ルリガラ 哀しみを消して この世界は あなたたちが  ただ見た 夢と言って   咲いた花びらは 憂いも知らず 根は奈落へと 続いていた きっと彼方へと 囚われゆくのね いつか話した あの 懐かしい場所へ 哀しませないで あなたが作った砂の城 私は見えなかった
2.
stars, we were stars, we were clouds we've been everything you saw we were skies, we were trees remember how we're called 僕らは星だった 僕らは雲だった 僕らは君が見たもの全てだった 僕らは空だった 僕らは木々だった 思い出して 僕達が何て呼ばれていたのかを
3.
落とした鏡に 私は映らないわ 明かりを照らせば消えるもの 眩しいわ ねぇ 眩しいの あぁ 心ごと消えてなくなりそうよ 月夜に溺れた 憐れな魚たちは 明かりが消えれば見えるもの ねぇ 怖いの ねぇ 手握って あぁ どうか眠り訪れるまで 晴れたら空に ルナリアを蒔いて 遠くの地を光が舞う頃 モノクロームの 夜は色づいて もう怖くないからと 笑ってよ 哀しいの ねぇ 哀しいの あぁ 酷く歪んだ陽が落ちていく 眠りを喰らう あの獣の声は 闇夜の静寂に響くのよ ねぇ 黙って ねぇ もう黙って あぁ 私を呼んだ声がしたの 晴れたら空に ルナリアを蒔いて 暗い闇が私を抱く頃 心奪って 手を離さないで 光が待つ場所へ 連れてって 空が 晴れたら
4.
CATASTROPHE 04:24
it’s over so my life comes to an end nightmare I don’t know what I’ve done to you and what's this called? a war of revenge against me? I heard you say it’s time to say good-bye from that day I no longer exist to you hey, I’m here don’t act like I’m invisible someone please wake me up and tell me it’s just a dream why did you send me on a roller-coaster ride of deep despair? I am falling, falling down why are you laughing without any pain? if you still see me if you see me now help me from this nightmare before I’m knocked to the ground you said “you’re not the one who should be here” I said “I can’t go anywhere but here” if there's a better way to make it through this brutal world then I could stop killing myself this is a story, story of me I’m sorry, this is how my story ends there’s no more story no more story but do I really wanna end it like this? still I could stay or leave so let me see you cry for me again I am falling, falling down why are you laughing without any pain I know you see me "help me now!" if you find your heart is crying before I’m knocked to the ground “help!” もう終わりだ 僕の人生はここで終わるわけか 悪夢だ 僕が一体君に何をしたって言うんだ それでこれは何? 僕に対する報復戦争? 君が別れの時を告げたのが聞こえた その日から 君にとって僕は存在しなくなった おい 僕はここにいるんだ まるで見えていないみたいなふりしないでくれ 誰か僕を起こしてよ ただの夢だと言ってくれよ どうして君は僕を絶望の淵へのジェットコースターに乗せたんだ? 僕は落ちる 落ちる どうして君は何の痛みも感じずに笑っていられるんだよ? もしまだ僕が見えてるなら 今僕が見えているなら この悪夢から僕を助けてくれよ 地面に叩きつけられる前に 君は言った 「お前はここにいるべきじゃない」 僕は言った 「ここ以外に行くところなんてない」 この残酷な世界をもっとうまく生き抜く術があったら 僕を殺さずに済んだのに これは物語 そう僕の物語 悪いね 僕の物語はこれでおしまい 続きはもうないんだ 続きはもうない だけど僕は本当にこんな終わり方でいいの? まだここに残れるし去ることもできる だからもう一度だけ僕のために泣いてくれよ 僕は落ちる 落ちる どうして君は何の痛みも感じずに笑っていられるんだよ? 僕が見えているんだろう 「助けてよ!」 もし君の心が泣いていることに気付いたなら 地面に叩きつけられる前に 「助けて!」
5.
"who is this girl?" he asked in wonder so she smiled and sadly answered "I'm your old friend" two wretched strangers awkwardly hugged each other a cloudy sky will veil tomorrow and the day after tomorrow "who is this girl?" he stared in wonder so she cried and gently answered "I'm your old friend" perfect strangers meet over and over a blue bird will never come back where it belongs "girl, take me somewhere" "let's go inside, it's getting cold out here" "girl, take me somewhere" "the storm is coming soon" "girl, take me somewhere" "let's go inside, it's getting cold out here" "girl, take me somewhere" "the storm is coming soon" "girl, take me somewhere" "just call my name if you still hear me" "girl, take me somewhere" "’cause I really miss you..." "girl, take me somewhere" "who is this girl?" he asked in wonder "girl, take me somewhere" 「この娘は誰?」 彼は不思議そうに聞いた だから彼女は笑って それから悲しそうに答えた 「あなたの古い友だちよ」 二人の哀れな他人は不器用に抱き合う 曇り空が明日も明後日も覆い隠してしまう 「この娘は誰?」 彼は不思議そうに見つめた だから彼女は涙を流して それから優しく答えた 「あなたの古い友だちよ」 完全なる他人は何度も何度も出会う 青い鳥は二度と帰ることはない 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「もう中へ入りましょう 寒くなってきたわ」 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「嵐が来るわ」 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「もう中へ入りましょう 寒くなってきたわ」 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「嵐が来るわ」 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「もしまだ私の声が届くなら ただ名前を呼んで」 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「あなたに逢いたいの」 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」 「この娘は誰?」 彼は不思議そうに聞いた 「ねえ 僕をどこかへ連れて行ってくれないか」
6.
“if you are scared to open your eyes, I’ll be your eyes to show you a thousand skies” “if you are scared to release yourself, I'll be your wings to fly you away” “if you cry alone in the dark, I’ll be your moon with a hundred stars” “if you cry, I’ll stand by your side” all my doubts and fears came to an end whenever you gave the hope to me blue now you are falling deep into doom I won’t cry someday we’ll all fade into blue ah can you hear me can you still hear me say, “I love you.” but now I have to say goodbye to you with my love without you I will go “if you are scared to sleep at night, I’ll count sheep for you for 10 years” “if you are scared to believe in yourself, I'll be your light to show your way” the stars are crying the skies are falling sheep come to me to remind me of your words “if you cry on the day we part, please hold my hand and I will give you one last kiss to say goodbye to you” blue now you are falling deep into doom I won’t cry someday we’ll all fade into blue ah what you sowed is growing inside of my heart my trembling heart so I smile in the sunlight and stand up to grow another tiny tiny tree of you can you see me I’m here under the blue sky see me I’m sowing the seed the seed of you and me 「もし 目を開けるのが怖いのなら 貴方の目になって 千の空を見せてあげよう」 「もし 自分を解き放つのが怖いのなら 貴方の羽になって 遠くまで飛ばせてあげよう」 「もし 一人暗闇で泣いているのなら 百の星々とともに輝く 貴方の月になろう」 「貴方が泣く時は いつも側にいよう」 いつだって あなたがくれる希望が どんな疑いや恐れも消し去ってくれた ブルー あなたは今 深淵へと落ちていく 泣かないわ いつか私達みんな 青に溶けていくから ねえ 私の声が聞こえる? この想いはまだ あなたに届いていますか でももうあなたにさよならする時が来たみたい 愛を込めて あなたのいない道を 行くわ 「もし 夜眠るのが怖いのなら 貴方のために 十年でも羊を数えてあげよう」 「もし 自分を信じるのが怖いのなら 貴方の道を 照らす光になろう」 星が泣いているわ 空が落ちてくるわ 羊が来て あなたの言葉を思い出す 「もし 別れの日が来て 貴方が泣いていたら この手を取って 最後にたった1つ さよならのキスをあげるから」 ブルー あなたは今 深淵へと落ちていく 泣かないわ いつか私達みんな 青に溶けていくから あなたが蒔いたものは今 私の心の中に芽吹いています この震える心の中に だから私は陽の光の中で笑うの 立ち上がって 新しい小さな小さな木を育てていくから ねえ 見える? 私はこの青い空の下にいるよ ねえ 私 種を蒔いているよ あなたと私の種を
7.
8.
ねえ 答えて ねえ 探していた 言葉は 何を語ったの? 「光を見たんだ、西の空で」 手紙には 只一言 別れの言葉に聞こえた 小さな私に 頼りない言葉だって ねえ あなたの声が 私を紡げば 果てしないの 魔法みたいな明日が  まだ あると思ったの ねえ 笑って ねえ 今を切り取る 一枚を 持っていたいの ねえ 光を見たの 東の空で 此れだったの? あなたが見て 私へと言ったものは 嗚呼 枯れた花が 窓の外を隠した 今以上に声が 言葉を汚せば 涙にしか 託せないよ 溶けた心の悲鳴は イメージは円盤の様な 旅立ちの様な 光へ 壊れた箱が 瞞しの光を見せた 今以上に其れが 私を汚せば 託せないよ 託せないの 明日はあった 私の明日が
9.
eden 05:47
遠く思い出すのは 月の砂に 怯えていた 僕らの事 君の手はもう 満ち足りはせず 震えていた 凍えていた 小さな実が揺れた 大きく口を開き 祈りを餌にする 誰かに聞こう 彼らの灯火を 僕らはかつて 捨てたのかと ただ 遠くの方へ 石くれを放った ただ 遠くの闇は 言葉足らずに 歌う 君が 穢した 光を見ろと 「夕日が沈む前に 私の小さな実を 差し出せたら 永遠を運ぶ砂も 月の欠片も 恐れないわ」 大きく口を開き 祈りを貪り喰う 何かに問おう 彼らは灯火を その手に既に 留めたかと 「今日見た夢の事 話したいの 貴方がいて 私がいて 赤い空を 満ち足りたまま 見つめていた ヒトのように」
10.
SUPERNOVA 04:50
burn this dust to make a light the night is coming now there's no need to cry you'll see the new dawn breaking the horizon and soon he’ll shine on you burn the crown to save your soul ‘cause he is coming now he's a superstar he'll be the new king ruling our paradise it’s time for revelry SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET FREE and raise your hands to the new king if you really need to be rescued, shout for joy to the new king ‘cause he's a savior! he's a savior! rise again with words he gave he’ll never let you down he's a superstar with eyes in the color of rainbow let’s get ready to explode FACE YOUR TRUE SELF FACE YOUR TRUE SELF FACE YOUR TRUE SELF FACE YOUR TRUE SELF FACE YOUR TRUE SELF FACE YOUR TRUE SELF FACE YOUR TRUE SELF FACE IT and spread your wings into the sky he'll take you to the perfect heaven get ready to explode in splendor see me at the supernova SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET YOURSELF FREE SET FREE and raise your hands to the new king if you really need to be rescued, shout for joy to the new king ‘cause he's a savior! he's a savior! この塵を燃やして明かりを灯して もうすぐ夜が来る 泣く必要なんてないわ 地平線に新しい夜明けが見えたら すぐに彼が貴方を照らしてくれる その王冠を燃やして自分の心を救い出して もうすぐ彼がやって来るから 彼はスーパースター 私達のパラダイスに君臨する新しい王 さあ宴を始めましょう 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 解き放って 新しい王に向かって両手を挙げて 心から救われたいと願うなら 新しい王に歓喜の声をあげて そう彼は救世主!救世主! 彼の言葉で息を吹き返して 絶対に失望させたりしないわ 彼はスーパースター 虹色の瞳を持つ人 さあ藻屑になるのよ 本当の自分に気付いて 本当の自分に気付いて 本当の自分に気付いて 本当の自分に気付いて 本当の自分に気付いて 本当の自分に気付いて 本当の自分に気付いて 気付いて 空に向かって翼を広げて 彼が完璧な天国へと連れて行ってくれるわ 輝きの中で藻屑となって スーパーノヴァで会いましょう 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 自分を解き放って 解き放って 新しい王に向かって両手を挙げて 心から救われたいと願うなら 新しい王に歓喜の声をあげて そう彼は救世主!救世主!
11.
I'll be ok lately I don't dream of you most of the nights hey, I'll be ok I got used to everything without you I'll be ok I still cry but only sometimes now you said snowdrops bloom in spring I tell myself over and over again "be ok" "be ok" the sun rises I walk away again I turn around and look back and it's all gone I'll be ok let's be ok good-bye good-bye 僕は大丈夫 最近もうほとんどの夜は 君の夢を見なくなった ねぇ、僕は大丈夫だよ 君のいない全てに もう慣れたんだ 僕は大丈夫 まだ泣くこともあるけど でも本当に時々だけなんだ スノードロップは春に咲くと君は言った 僕は何度も何度も自分に言い聞かせるんだ 「大丈夫」 「大丈夫」 陽は昇って 僕はまた歩き出す 振り返って後ろを見ると もう何もないんだ 僕は大丈夫 大丈夫になろう さようなら さよなら・・
12.
Innocence 07:25
裂けた心の音を 痛みをどこかへ捨ててきたの  ただ 声がしたこちら側へと 駆け足で逃げてきただけ 幾年月も 奇跡を待ち続けた私を 見て、空が裂ける程の 大きな大きな笑い声で笑う あの醜く汚い悪魔は 私の涙を数え  「どうだ?もう俺に売らないか?」と聞いたの 一粒も残さず全て捨てるまで どれくらいためらえるのだろう キラキラと光るあのままの夢も 明日に響く悲鳴を塞ぐまで 見せないでいて 欠けた不確かな日々 怒りをどこかへ捨ててきたの ただ光る石が綺麗だから 手に取りたかっただけ 光を希望を打ち砕く悪魔が ねえ鏡に映ってる   とうとう、悲しそうに目を合わせたの 堕ちゆく身をこの手にかける間に 誰かに見ていて欲しいの 七色に光り散り行く言葉や 月夜に泣く花を見せるまで 微笑んでいて 手を取って 離さないで 笑わないで この目を開いて言うわ 夢みたいな虹みたいな 痛みが欲しいと 今走れば届くその手の向こう  昔いた私を見つけるの 遠くへと淵へとまどろむ間 あなたに見ていて欲しいの 七色に光り色づく明日を 私をつたう雫を見せるから 微笑んでいて

credits

released April 25, 2015

Chouchou
-juliet Heberle
-arabesque Choche

license

all rights reserved

tags

about

Chouchou 東京都, Japan

Chouchou is a Japanese music duo consisting of vocalist juliet Heberle and composer arabesque Choche.

Chouchou-シュシュ-は、ボーカルjuliet Heberleとコンポーザーarabesque Chocheの二人からなる日本の音楽ユニット。

contact / help

Contact Chouchou

Streaming and
Download help

Redeem code

Report this album or account

If you like Chouchou, you may also like: